TRPG(主にシノビガミ)や人狼などのボードゲームで遊んでおります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シナリオ名 :私はあい(4人Ver)
作成者   :ふれの
タイプ   :特殊型
リミット  :3
人数    :4
シーン表  :(CST)都市
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■プライズ
『全能の心臓』 公開保持者:あい
『盗賊の余り物』 公開保持者:不明 保持者:間処レン ※秘匿
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■アーキタイプ情報
ボス    :あい ※秘匿

■エニグマ
■腹心
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■トレーラー
人は少しずつ成長していきます。自分なりの考えを巡らせて少しずつ大人になっていく。
ちょうどその狭間に居る女の子は、とても複雑な感情を抱いているものです。
そんな彼女の元に届いたのは奇妙で不思議、ただ殺意を感じる危ない予告状。
あなたたちは彼女を守るために集まりました。彼女を守り通すのです。
私を守って。それは悲しき少女の悲鳴。
私はあい。それは少女の気持ち。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■はじめに
このシナリオはあいちゃんという女の子の元に届いた謎の予告状を巡って何やら事件に巻き込まれるシノビたちの話です。
PC同士は知り合いでも、他人同士でも差し支えないです。

PC2はあいちゃんの親の設定になります。PC2の名字がそのままあいちゃんの名字にもなります。
PC3はあいちゃんの幼なじみです。男の子の方が楽しめると思います。あとは年齢は15〜18歳頃が適正でしょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■レギュレーション
・新規キャラの場合、中忍で作成。
・継続キャラの場合、中忍〜上忍を使用。
・下位流派あり
・奥義開発あり
・背景あり
・従者あり
・結盟忍法なし
・儀式忍法なし
・一般人なし
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■導入
PCたちは依頼を受けてきたり、家に元々居たりで、あなたはPC2とあいちゃんの住む家に集まりました。
居間にて待っていたところ、あいちゃんという高校生の女の子が姿を見せて、皆さんにこう言います。

「私にこんな謎の予告状が届いたの…、ただのイラズラなら良いのだけども、しばらく私を守って欲しい」と言います。
そこに書かれていた内容は「あなたの持つ全能の心臓を奪い取る」というものでした。
あなたたちは、その予告状からは感じるそれはイラズラではなく、敵意のあるものであると感じ取ります。

こうしてあいの護衛が始まるのですが、このときにはまだ奇妙な出来事に巻き込まれることになるとは思いませんでした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■各プレイヤーの関係 ※秘匿
対立しています。対立型だと明記してもいいでしょうし隠してしまっても良いでしょう。

PC1&PC4が「全能の心臓を取り戻す」陣営です。
PC2&PC3が「全能の心臓を破壊してあいちゃんを元に戻す」陣営です。
NPCの2人も「全能の心臓を手に入れる」目的を持っております。

PC1は、家族の治療のために『全能の心臓』を手に入れる必要があります。
PC2は「あい」を元に戻すために『全能の心臓』を破壊する必要があります。
PC3は「あい」と愛情を結び合う必要があり、「AI」ではなく「あい」に戻ってもらう。つまり心臓の破壊が必要です。
PC4は、PC1を助けないといけません。なので全能の心臓を手に入れる側の人です。

※PC1の使命は「全能の心臓を手に入れること」なのですが、実は一度でも手にすると使命達成として見なされます。
家族を助けるために「全能の心臓を持ち帰ること」が一番目に付く目的になるでしょうが、
実はあいちゃんは、心臓を破壊されたあとにPC1の家族の治療をしてくれます。どちらに転んでも救いはあります。

また「あい」は全能の心臓に乗っ取られてしまった悲しい被害者…というわけではなく。
賢くない自分にコンプレックスを抱いていたところをAIの力で賢く強くなっていくことを喜んでいます。
ゲームが下手な人がチートモードで遊んで楽しんでいるようなイメージです。彼女の心も生きており、あくまでも思考だけがAIになっている状態です。
ですが、彼女にとって本当にそれが幸せな道なのでしょうか? 周りのみんなにとっても幸せな選択なのでしょうか? それは上手くロールプレイしましょう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■マスターシーン ※秘匿
あいが夜道を1人で歩いている。その遠く離れたところで彼女を見つめる怪しい影が一つ。
それは間所レンです。「お前の持つ心臓を奪う前に、お前の情報を調べておこう」と。
間所レンがあいに対し《千里眼の術》で秘密を取得しようとする。

「ふふ、お前の心の中が見えるぞ…。ん? なんだこれは真っ黒で奴の心が見えない…」
何故かシノビの術を用いても彼女の持つ秘密を知れなかった間所レン。逃げるようにその場を後にする。
あいは、少し時間が空いたあと。ボソッと「目障りだ…」と呟きます。

「間所レンはあいに対し、秘密の取得を行いました。判定は成功しましたが秘密を知ることが出来なかったようです」という情報が公開される。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■クライマックスフェイズ ※秘匿
あいを含む全プレイヤーが集まっているところに、間所レンがやってくる。
あいを襲撃しようとする間所レンに対し、PCの皆さんは護衛に入ります。
_____

【間所レンの生命力が0になったとき】
間所レンが最後の力を振り絞り、あいに攻撃を仕掛けてくる。だがその攻撃をあいは容易く避ける。
そう今の彼女は人工知能、あらゆる事象を記憶し学習している。だからシノビである間所レンの攻撃も回避出来る。常人の判断能力を、身体能力を遥かに越えている。
コンプレックスだらけだった彼女を変えたのがAIだった。彼女のキャラクター名が『AI』に変更されます。
戦闘乱入してきた『AI』も含めての乱闘です。それぞれの想いを込めクライマックスフェイズ続行です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■エンディング ※秘匿
【全能の心臓を破壊した場合】
『AI』が『あい』に戻ります。彼女は自分自身での思考を取り戻します。
そして泣き出してしまいます。「弱かった私を助けてくれた存在だったのに、これから何に頼ればいいの…」と。
PCたち(主にPC2、PC3)がどのように声を掛けるか、あいに言葉を掛けるかはPLのロールプレイに任せます。
あいはPC3を見て、出来ていなかった告白の返事を思い出します。
ロールプレイの流れを組みながら「ありがとう、私もPC3のことが好きです。」
あいはPC3に対し、愛情の感情を取得します。

その後、場面は代わりあいちゃんはPC1の家族の人が居る病院に居ます。
「私は全能の心臓の力を一番近いところで受けていた、PC1であるあなたよりも。
もうAIではなくなったけど、この1ヶ月に覚えた知識や技術は体に染み付いている。
だから、その医療技術を持った私ならあなたの家族を救えるかもしれない。」
あいは《医術》でPC1の家族の治療を試みます。他のPCにも出てもらって《感情修正》をもらってもいいでしょう。
成功すると家族は目を覚まします。失敗してもこれから治療を長く続けていけば回復する可能性はあるでしょう。
家族に救いが生まれたPC1、あいが元に戻ったPC2、無事に告白の返事をもらったPC3、恩義を無事に返せたPC4。
全員がエンディングを描写して、このシナリオはおしまいです。

【全能の心臓を破壊しない】
『AI』は『AI』のままになります。といってもあいの心や思い出が死んだわけではなく、あくまでも思考が置き換わっただけです。
あいは自分の心境を話し始めます。人に迷惑を掛ける度に優しい性格の彼女は辛い思いを繰り返していきました。
自殺すら考えてしまうほどのコンプレックス。その彼女の胸の内を考えると、機械に頼ってしまう気持ちは否定しにくい。
PC1はこの機械を頼りに、家族の治療をしていました。機械に力を借りることは決して悪ではないのです。
「これが本当の私、私はあい。きっとPC2もPC3も分かってくれるわ」そんな言葉を残し、彼女は自宅に帰っていきます。
PC1の家族は心臓の治療再開により一命を取り留め、PC4は恩義を無事に返せました。
しかし、PC2とPC3はAIになってしまった彼女を今後どのように受け入れていくのでしょうか?
各PCのエンディングを描写してシナリオ終了です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■PC1 推奨:自由
・使命:【あいを守り抜くこと】
・導入:
あなたはあいから依頼されてやってきたボディガードである。依頼主の姿を見て幼さに驚いている。
あなたの使命は「あいを守り抜くこと」である。
・秘密:
あなたはプライズ『全能の心臓』の秘密を初めから知っている。
『全能の心臓』は元々はあなたの家族が所有していたものだが、数年前に何者かに奪われてしまったのだ。
あなたは医者で『全能の心臓』を医療に活用しており、家族の治療を行っていた。しかしこのプライズ奪われ家族は植物状態で生死を彷徨っている。
以後、取り戻すために情報を集めて各地を巡っていたが、遂にこの度見つけ出すことが出来た。思い掛けないチャンスだ。
全能の心臓を取り戻せば、家族は助かるんだ。あなたの本当の使命は「全能の心臓を手に入れること」である。

■PC2 推奨:あいの親(家族)
・使命:【あいを守り抜くこと】
・導入:
あなたはNPCあいの親である。一人娘のあいを溺愛しており今回の悪意のある予告状が届いたことにも強く憤慨している。
あなたの使命は「あいを守り抜くこと」である。
※あいの名字はあなたのキャラクターと同じになる。(親では無くあいの親族であっても問題はない)
・秘密:
ひと月ほど前に娘が遊びに出掛けた。何事もないように帰ってきたのだが、その日を境目に娘の様子が変なのだ。
心を開いてくれなくなったのか、隠し事や秘め事を私に話してくれなくなった。あなたはここひと月の娘の様子から、
「あいの秘密を知るためには、あいと互いにプラスの感情を結んでからでないと知ることが出来ない」と知っている。
あなたの本当の使命は「娘を元の状態に戻すこと」である。


■PC3 推奨:男性PC(高校生)
・使命:【あいを守り抜くこと】
・導入:
あなたはあいとよく遊んでいた幼なじみである。この度PC2に頼まれて彼女を守ることになった。
あなたの使命は「あいを守り抜くこと」である。
※あいの年齢はあなたのキャラクターと同じになる。
・秘密:
あなたは実はあいに恋している。ひと月ほど告白をしたところ、「返事をするから数日だけ待って欲しい」と言われている。
ところが数日どころかひと月経った今でも返事をもらっていないわけだ。トホホ…
しかし諦めたわけではない!この護衛依頼をこなして彼女のハートを掴むんだ。
あなたの本当の使命は「『あい』と愛情の感情を結び合いエンディングを迎えること」である。
あなたはゲーム開始時から『あい』に対し愛情の感情を持っている。『あい』はあなたに対し友情の感情を持っている。この情報は公開されていない。
あなたがクライマックスフェイズの生存者となった場合『あい』はあなたに愛情の感情を持つ。

■PC4 推奨:旅人
・使命:【あいを守り抜くこと】
・導入:
あなたは通りすがりの旅人だ。たまたま泊めてもらった家の娘さんが大変な状態だと聞いた。一宿一飯のご恩返さなければ。
あなたの使命は「あいを守り抜くこと」である。

・秘密:
あなたはかつて絶命寸前だったところをPC1に命を救われたことがあり、強く恩義を覚えている。
今回たまたま立ち寄った場でPC1と再会することが出来た。私のことは覚えているのだろうか…?
偶像とはいえ、この機会は活かさなければならない。ご恩をお返しせねば。
あなたの本当の使命は「PC1をクライマックスで脱落させず、使命達成になるようアシストすること」である。
またあなたは旅の道中で、間所レンの隠れ家を発見しており間所レンの「居所」を始めから取得している。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■あい 概要:思春期の女の子
・使命:【???】
・設定:
彼女の元に予告状が届いた「あなたの持つ『全能の心臓』を奪い取る」と書かれている。
なぜ私になんでこんなものが? 私は命を狙われるような理由もなければ、全能でもなんでもないただの女の子よ?
この手紙の送り主は「間所レン」という怪しげな奴だと調べは付いているの。
イタズラならいいのだけども、なんだか嫌な予感がするの。私を守って…

※彼女に戦闘を仕掛けた場合、戦闘にはならず無条件でプライズ『全能の心臓』を獲得する
※彼女と感情を結ぶ場合、彼女からの感情は必ず「プラスの感情」となる。

感情:あり
居所:あり
秘密:あり
シーン登場:可
戦闘:可(特殊な処理になる)
・秘密:
【彼女とプラスの感情が結ばれていない場合】
秘密を知ることが出来なかった。彼女の心は冷たく閉ざされている。
彼女の本当に抱え持つ、秘密△鮗萋世垢襪燭瓩砲蓮嵌狃とプラスの感情を結び合ってから秘密を知る」必要があるだろう。
この秘密,鮠霾鵑亮け渡しや感情共有などで相手に渡す場合、秘密,両霾鵑共有される。
_____

【彼女とプラスの感情を結んでいる場合】
※この秘密△蓮屬△い肇廛薀垢隆蕎陲魴襪唸腓辰討ら秘密を知る」という条件を満たしていれば知ることが出来る。
※この秘密△肋霾鵑亮け渡しや感情共有などで取得する場合も、条件を満たしていないプレイヤーは知ることが出来ない。その場合は秘密,両霾鵑渡る。

実は今のあいの脳はAI(人工知能)になっている。人間には到達出来ない学習能力を持っており、身体能力も知能指数も人間離れしている。
元々彼女は普通の女の子だ。ただあまり賢い方ではなく、ことあるごとに人に迷惑を掛けたり、失敗を繰り返しており強いコンプレックスを抱いていた。
そんなある日たまたま迷い込んだ山小屋で『全能の心臓』に触れてしまい電磁波で彼女の思考回路は人工知能に取り込まれてしまった。
彼女の人としての思考は眠りにつき、あいの思考はAIに置き換わった。それがひと月ほど前の出来事である。
クライマックスフェイズが終了する頃には人としての思考は完全に消えてしまう。それまでに『全能の心臓』を破壊すると、AIは機能を停止し、普通の人に戻るだろう。

彼女の使命は「AIとして生き続けること」であり、コンプレックスだらけの人としての頭脳など捨て去ってしまいたいと思っている。
もっと素敵な景色が見たい、もっと美味しいものが食べたい、もっと大好きな人と遊んでいたい、それが許されたいだけなの。
クライマックスフェイズ突入時、彼女のキャラクター名は『AI』へ変更される。
『全能の心臓』の破壊に成功すると『あい』に戻る。

■間所レン 概要:予告状を送ってきた人物
・使命:【???】
・設定:
予告状を送ってきた謎の男。彼とあいの間には特に接点はなさそうだが?

感情:なし
居所:あり
秘密:あり
シーン登場:不可
戦闘:可
・秘密:
彼は盗賊である。数年前にとある家屋に盗みに入り、その家から『全能の心臓』を盗み出した。
しかしついひと月ほど前に、あいに持っていかれてしまったのだ。彼の本当の使命は「全能の心臓を取り戻すこと」である。
彼はクライマックスフェイズで彼女を襲撃し、戦闘に参加してくる。また彼はプライズ「盗人の余り物」を所持している。
_

プライズ「盗人の余り物」
彼が盗んだものの中には、お金にならず世に出ることがないものもある。ただ有効利用出来るかも…?

【効果】
任意のタイミングで使用を宣言すると、このプライズを兵糧丸、神通丸、遁甲符のいずれかの忍具と同じ効果を持つものとして使用出来る。
この効果は2回使用することが可能で、その後このプライズは消滅する。

■プライズ:全能の心臓 概要:予告状に書かれた謎のプライズ
・使命:【???】
・設定:
予告状に書かれた謎のプライズ。あいは自覚していないが、どうやらあいが持っていることには違いないようだ。

秘密:あり
・秘密:
人の心臓でもなければ宝石でも芸術品でもない。これは斜歯忍軍の開発したスーパーコンピューターである。
手のひらに乗る小型サイズながら、非常に高い処理能力を持ち、シノビの世界の情報戦で暗躍してきた。
あまりにも優秀な学習能力を持ち、どんどん性能をあげていき驚異的な存在となっていた。
強烈な電磁波を放っており、通常の人間では触れることも出来ないだろう。

【効果】
このプライズの所有者は以下の効果を得る。
.あなたが「AI」と名の付くキャラクターの場合。命中判定と回避判定で2D6で判定を行う場合、代わりに3D6のダイスを振り、そのダイスから2つを選んで達成値とする事が出来る。
.あなたが「AI」と名の付くキャラクターではない場合。命中判定と回避判定に-1の修正を受ける。
.あなたはクライマックスフェイズ終了時にこのプライズを破壊することが出来る。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニュー

編集ヘルプ

【メニュー編集】
【Wiki記法ガイド】
編集は知り合いなら誰でもOK。

そうだ。TRPGしよう!!

わかばTRPGとは?

ゲームに必要なツール

インセイン

シナリオシート

どなたでも編集できます